fc2ブログ

日々雑記

光商工 ZPC-98 備忘録

ZPC-98を入手。

備忘録として記載

IMG_20171006_153315.jpg

T-N間のC容量を測定してみると796PF

IMG_20171006_153621.jpg

N-E間の測定すると0.1519μF

IMG_20171006_153649.jpg

Vo=191VにてY1出力は50mV
Vo=300VにてY1出力は76mV

IMG_20171006_160503.jpg

IMG_20171006_160531.jpg

検算してみると
190×796/(151900+796)=0.99V
0.99/20=0.049V
49mV

300×796/(152696)=1.564V
1.564/20=0.078V
78mV

大体合ってますね。
機能は正常みたいだ。

DGR,ZCTと組み合わせて位相特性をテストしてみる。

IMG_20171006_160705.jpg

IMG_20171006_160753.jpg

閾値はプラス120度とマイナス40度であった。


IMG_20171006_153354.jpg

やはり私もこの注意ラベルが気になります。
いろいろな先達が説明されていますが、当初意味が分かりませんでした。
要はテスト端子は750pFでZPC一個あたりの3倍だから印加電圧は3分の1でと。

工業高校を卒業して40年経過すると交流理論もさび付いてしまっている。
脳みそも腐りかけている。。
工業高校の時の恩師に対象座標法まで習ったのに忘れてしまってる。
電験1種まで取得されてた凄い先生だったのにすでに鬼籍にはいられた。

もういちど一連の教科書を紐解いてみる。

1相地絡電圧の最大値は6600×√3=11418V

対象座標法による定義は

零相電流 Io=(Ia+Ib+Ic)/3

地絡電流 Ig=Ia+Ib+Ic=3Io

∴ ZCTは大地へ流れる地絡電流 Ig=3Ioを検出

  零相電流Ioは地絡電流Igの1/3である

零相電圧 Vo=(Ea+Eb+Ec)/3

 完全地絡時の零相電圧は Vo=3810V 3Vo=11430V


うーむ、ベクトル図がないと説明不能。。か

この項書きかけ

続く



スポンサーサイト



  1. 2017/10/06(金) 20:29:46|
  2. 電気
  3. | コメント:0
<<加古川2DayMarch | ホーム | LTRpd>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

prius1228

Author:prius1228
其協会に所属、これからは、マイペースでゆっくり、人生を歩んで行こうとしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
家族 (1)
電気 (96)
映画 (1)
本 (0)
日常風景 (3)
健康 (4)
音楽 (1)

日々雑記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる